池野詩織が使うカメラや写真展からインスタ・プロフィールまでリサーチ!

スポンサーリンク

池野詩織サムネ

若いカメラ女子から絶大な支持をゲットしているのがカメラマンの池野詩織さん。

まるでアニメの世界から飛び出してきたかのようなミラクルな写真とその素顔に、私たちのハートもチクチク大きな刺激を受けてしまいます。

人柄の良さでも知られる池野詩織さん、どんな足跡を歩いてきたカメラマンさんなのでしょうか?

プロフィールから使用しているカメラから気になるSNSまでリサーチしてみました。

カメラマン 池野詩織とは(プロフィール)

池野詩織

出典:金子山 写真EXPO

池野詩織(いけの しおり) 1991年ー27歳 東京生まれ

池野詩織さんは1991年に生まれた若手女性カメラマンです。

出身プロフィールは東京都になっているので本当の都会人。

オシャレで可愛いものが大好きなのは都会で育ったからかもしれませんね。

小さいころからファッショナブルなもの可愛いものが大好きだった池野詩織さん。

「目で見えているモノではなく、見えていないモノを撮りたい。世の中に伝えたい。」という思いからカメラのトリコになってしまったそうです。

カメラを本格的に始めたのは大学生のころ

そんな池野詩織さんがカメラとお友だちになって「仕事」として付き合うようになったのは、なんと大学生のころ。

ちなみに大学は才女で知られる明治学院大学に進んでいます。

大学生としてノルマをこなしつつ仕事としてカメラの道に進んだ池野詩織さん。

マルチな才能がココでも開花していますね。

花代さんのアシスタントを経験

花代さん

出典:Instagrammer News

池野詩織さんは現代アーティストの世界で活躍している「花代さん」のアシスタントのお仕事もおこなっています。

花代さんは女性フォトグラファー・ブームをつくった先駆け的な存在。

1970年生まれのため池野詩織さんからすると約20歳も年上ですね。

花代さんは本名・中島花代さんといいますが、ドイツ人のイケメン男子と結婚してモデルの娘さんをもうけています。

花代さんはテレビのCMのお仕事をしたり、雑誌ヴォーグのファッションフォトを撮るなどマルチな才能を持っていることで知られています。

そんな売れっ子花代さんの仕事っぷりをまじかで見ている池野詩織さん。

色々なモノ・そしてコトを吸収していそうですね。

現在は個展に忙しい日々

池野詩織さんは都内の個展で写真展をひらいたり、同世代の女性フォトグラファーとファッションにまつわるイベントを開いたり忙しくて楽しい毎日をおくっています。

あいみょんのCDジャケット

あいみょんジャケット

最近では「あいみょん」のCDジャケットなどが記憶に新しいところ。

また、とあるイベントではDJとしても活躍しているのでトークもうまい。

写真も可愛くてお喋りも上手なんて…本当に憧れちゃいますよね。

これからの活躍っぷりが本当に楽しみです。

スポンサーリンク

池野詩織さんの使用カメラ・レンズと機材

甘酸っぱくってキュート。

初恋の味のようなフレッシュな写真ばかり出している池野詩織さん。

子どものころ食べた綿あめやカルメ焼きを思わせる、あったかい写真が特徴的です。

池野詩織さんはどんなカメラや機材を使っているのでしょうか?

基本はフィルムカメラ

池野詩織さんは大のフィルムカメラ好きです。

以前松藤美里さんという人気カメラマンと「お互いの写真展・彼氏編」というイベントを開いていますが、このとき撮影した写真はすべてフィルムカメラ。

付き合って1年ちょっとというバンドマンの彼氏の写真も、愛用のフィルムカメラの目線でスパイシーにそして甘酸っぱく切り取られています。

他のインタビューでも「私はフィルムカメラしか、使わない」と公言していたので現代のデジタルカメラにはあまり興味がないようです。

池野詩織さんはインスタグラム上に沢山の写真をアップしています。

黒いフレームが左右に入っているもの、どことなくボカしが入れてあるもの…

「今」を切り取っているのに「昔っぽい」味のある写真ばかり。

適度な昔を注入できるところがフィルムカメラの良さなのかもしれません。

どんなフィルムカメラを使っているのかツイッターやインスタグラムを目を皿のようにしてチェックしましたが機材についてのコメントは見当たりませんでした。

自分がどんなカメラを使っているのか、あまり公にしないカメラマンさんも中にはいるもの。

フィルムカメラを店頭で見るたびに、池野詩織さんが使ってるモデルはどれなのか…とっても気になりますね。

「たまゆら」現象に注目してみよう

たまゆら現象

ちなみに池野詩織さんはオーヴという名前の写真集を出しています。

オーヴとはいわゆる「たまゆら現象」のこと。

たまゆらは玉響と書きますが、リアルな世界では絶対に見えないのにフィルムを焼くと亡霊のように出てくるユニークな怪奇現象のことをさしています。

ぽつぽつ車の窓ガラスに雨が落ちたような水滴が見えるのですが、コレが見えやすいのがなんとデジタルカメラではなくレトロなフィルムカメラ。

アナログだからこそ「見えるもの」がどうやら有るみたいです。

とある科学者いわく「玉響現象は現代科学で証明できる」そうですが、まだたまゆらがどうして起こるのか詳細なところまで分かっていないようです。

「目に見えないものを撮りたい」そんな思いでカメラのファインダーを覗いている池野詩織さん、あふれでる心の思いがたまゆら現象を呼び起こしているのかもしれないですね。

池野詩織さんのSNS

お洒落で可愛くってちょっぴり天然…そんな言葉がしっくり合うのが、人気フォトグラファー池野詩織さん。

池野詩織さんともっと仲良くなりたい方はSNSや写真展にアクセスしてみるのがイチバン。

ネット情報や作品集について調べてみました。

池野詩織さんのインスタグラム

池野詩織インスタグラム

ikenoshiori

池野詩織さんといえば「スナップ写真の天才」といわれるくらい街角写真が得意な女の子。

インスタグラムを覗いてみると深夜に横断歩道をてくてく歩いている様子や、夕暮れの木漏れ日のフォト、朝はやく集合したモデルさんの写真など…いろいろな角度のスナップ写真をたくさん投稿しています。

インスタグラムを見ていると、池野詩織さんの生活の一部に飛び込んだ気分。

懐かしくって微笑ましい気持ちになれます。

池野詩織さんのTwitter

池野詩織さんのインスタグラムを観たら次にチェックしたいのがTwitterです。

Twitterでは主に、いまおこなわれているイベントや展覧会についての情報がアップされています。

池野詩織さんのリアルなコメントもアップされているので、ファンとしては絶対に見ておきたいところ…。

更新の回数も高めなので最新情報をチャキチャキ仕入れることができます。

スポンサーリンク

池野詩織さんの作品・写真展

たまゆら現象で知られるオーヴの文字をとった写真展オーヴ。

同名のハードカバー系写真集も発売されているので、池野詩織さんにとってオーヴとはかなり思い出深いもののようです。

オーヴ

オーヴ写真展

出典:CINRA.NET

空から降ってくる雨のようなオーヴ(たまゆら現象)と壊れてしまった傘。

本屋さんでニコニコ微笑むおじさん。街角でたたずむワンちゃんなど…

日常のあるあるヒトコマをさり気なくひとつにまとめている写真展です。

ちなみに写真展は2019年の1月末に一度終了しています。

このような個展は定期的に開催されているので、最新情報を仕入れたい人はTwitterをチェックしても良いかと思います。

またこの「オーブ」展の作品は、同名で写真集にもなっています。

オーヴ写真集

出典:commune

アマゾンなどには売っていませんが「commune online shop」にて購入することが可能です。

ちなみに池野詩織さんの個展は、小さなカフェや展示会場を貸し切っておこなわれることが多いです。

大小さまざまな枠で飾られた写真は、まるでオモチャ箱をひっくり返したような存在。

アーティストとしての顔をもつ池野詩織さん。

個展会場にはデコラティブな垂れ幕をしいてあったり、布を飾ってあったりフツーの展覧会とはひと味ちがう雰囲気になっています。

ファッションと現代アートをこよなく愛する池野詩織さん

池野詩織2

今までのカメラマンの価値観とは、ひと味もふた味もちがう独特の感性をもっています。

「何かが足りない」そう思っている人は、ぜひ池野詩織さんの世界観に触れてほしいな…と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする