【木村伊兵衛写真賞】の木村伊兵衛が使用したカメラや作品・作風からプロフィールまで知り尽くす!

スポンサーリンク

木村伊兵衛サムネ

写真会の芥川賞とも呼ばれる「木村伊兵衛写真賞」

自身の名の賞があるカメラを志している人たちの間でレジェンドと呼ばれているのが木村伊兵衛さんです。

「名前は聞いたことがあるけど、どんな人かイマイチ分からない」という方も多いのではないでしょうか。

木村伊兵衛さんの賞はもちろんのこと、どんなカメラを愛用してどんな時代を生き抜いて来られたのか詳しくリサーチしてみました!

日本を代表する写真家 木村伊兵衛とは

木村伊兵衛

木村 伊兵衛(きむら いへい) 1901年12月12日ー1974年5月31日 享年72歳 東京都下谷出身

砂糖問屋の台湾台南支市店勤務、遠藤写真館にてカメラを学ぶー内地帰還後に日暮里で写真館開業ー花王広報部に嘱託入社ー日本工房参加ー日本工房ののちに中央工房設立ー対外宣伝プロダクション「東方社」写真部責任者就任ー日本写真家協会初代会長ー日本文化交流協会発足と常任理事就任ー日本リアリズム写真集団の顧問就任

東京の下町生まれ日本カメラ界のトップアスリート

木村伊兵衛さんは1901年生まれ東京の台東区で誕生しています。

決して実家は豊かではなかったものの「美しいモノ&キレイなモノ」に心を惹かれることが多かった木村伊兵衛さんの幼少期。

小さいときの遊び相手は両親がたまたまプレゼントしてくれたオモチャのカメラ。

遊び相手の少なかった木村伊兵衛少年は、オモチャのカメラを通して「モノを撮ることの楽しさ」が分かるようになってきます。

ダブルワークで培った写真のウデ

大人になった木村伊兵衛さんは、台湾にふっとび砂糖の売買をおこなう仕事に就きます。

砂糖の売り買いをおこないながらも「もっと他にやりたい事があるんじゃないか?」と考えた木村伊兵衛さん。

ダブルワークで密かに始めたカメラが功を奏して、どんどん才能を伸ばすようになります。

このとき木村伊兵衛さんにカメラの手ほどきを教えたのが台湾にある小さな写真館。

消えてしまいそうな小さな写真館が、歴史に刻まれるような偉大なカメラマンを創出するなんて人生何がチャンスとなるか分からないものです。

「花王の嘱託社員」に転職

花王のロゴ

「カメラって面白い」そう思うようになった木村伊兵衛さんは、台湾から日本に戻り花王の嘱託社員として転職します。

このとき任された仕事は花王の広告フォトを撮りまくること。

光画

キレイでモダンなアートを作り出す木村伊兵衛さんの才覚はこの時から注目されるようになり、花王に転職した2年後には雑誌『光画』を友人と発刊。

今までにない写真雑誌を世に送り出すようになります。

「すごい写真を撮れるカメラマンが花王にいる」そんな噂がウワサを呼び、木村伊兵衛さんはその後大手プロダクションに転職。多くの写真集をプロデュースしていきます。

1950年には日本写真家協会の初代理事長に就任。

日本カメラの歴史を飾るスペシャリストに成長していきます。

カメラのノーベル賞 木村伊兵衛賞がつくられる

1974年に自宅のアトリエで充実した人生にピリオドを打った木村伊兵衛さん。

亡くなったあと、その功績を若い人に伝えていきたいと「木村伊兵衛写真賞」というノーベル賞のようなステキな賞が創設されました。

今では「木村伊兵衛賞を取ったらカメラで食っていける」と言われるほど、若手カメラマンたちの憧れの賞になっています。

スポンサーリンク

木村伊兵衛さんの使用カメラ・機材

カメラ道を進んでいる人なら絶対に見聞きしておきたいのが木村伊兵衛さんです。

日本のカメラ界の教祖…と言われているくらいスゴい人ですが、どんなカメラや機材を使っていたのでしょうか?

木村伊兵衛さんは「ライカ」の名手

ライカ M10-P ブラッククローム ボディ

created by Rinker
¥1,024,100 (2019/10/14 04:55:58時点 楽天市場調べ-詳細)

木村伊兵衛さんはライカのエキスパートと言われるくらいライカカメラに惚れ込んでいたオジサマです。

色々なカメラがあるなかライカを特に好きになったのは『たまたま霞が関にやって来た飛行船の船長がライカカメラを持っていたから』だそうです。

シルエットの機敏さに惚れ込んだ木村伊兵衛さんは、その生涯をライカに捧げるようになります。

花王の宣伝部に勤めていたときも、自分で作った写真雑誌に投稿するときも、ライカ以外のカメラは使わなかった…というので並々ならぬライカ愛に驚かされます。

愛用カメラはLEICA ライカ I型

LEICA-I

木村伊兵衛さんが肌身離さず持っていたのが伝説のカメラ「LEICA I」型のモデルです。

1925年から1940年までのわずか20年間しか製作されなかった型番で、かなりのレアもの。

黒いボディの上下にはゴールドのラインが入っていて、しゅっぽしゅっぽ走る機関車のようなデザインをしています。

分厚いボタンがタップリ付いているので、現代のコンパクトカメラを用いている人にとっては正直やや使い勝手が悪い…と感じてしまうカメラです。

けれど35mmフィルムがバッチリ適用できるところや、レトロな風合いがたまらなく可愛らしく好きな人には愛される商品。

味のある風景写真をパチリと撮るには、もってこいのカメラになっています。

今見直されるライカブーム

木村伊兵衛さんが生涯こだわり続けたライカのカメラは、今となって再ブームの兆しを見せています。

カメラ好きの間では「#ライカ」というハッシュタグが定番になっているほど、人気のよそおい。

レトロアイテムとして定評があるのでSNSをチェックしてみると「ライカ本体を映しているオシャレ写真」を多く見かけることがあります。

カメラという領域を通り越して、オシャレな雑貨へと進化しているライカカメラ。

色々な使い方ができるカメラとして再注目されています。

ライカによる一瞬を切り取ったスナップ写真

木村伊兵衛写真

木村伊兵衛さんの写真を見てみるとライカの良さを上手に生かしているな~と思えます。

道ばたで佇んでいる猫や日本家屋の風景ひとつ取ってみても「無理に計算されたところがない」作品ばかり。

その瞬間だけをぴたっと閉じ込めたスナップ写真を得意とする木村伊兵衛さんにライカの写真の風合いが素敵です。

スポンサーリンク

木村伊兵衛写真賞とは

木村伊兵衛さんの名前を聞いて思い浮かべるのが「木村伊兵衛写真賞」です。

「木村伊兵衛写真賞」っていったいどんな賞なのでしょうか?

1975年に生まれた木村伊兵衛さんゆかりの賞

木村伊兵衛賞は木村伊兵衛さんの功績になぞらえて、木村伊兵衛さんが亡くなったあと作られた賞です。

「アサヒカメラ」でも知られる朝日新聞社が母体となっていて、今でも「すごいカメラマン」に賞が送られています。

実は誰でも応募できる!

木村伊兵衛賞と聞くと「どうせ活躍している人しか、応募できないんじゃないの?」と思われてしまいそうですが、実は木村伊兵衛賞は誰でもノミネートできる気軽な賞。

プロカメラマンでも、アマチュアカメラマンでもスキルや経験に関係なく応募することができます。

今までランクインされた人を見ると「スゴイ有名な人」よりも「無名の新人さん」の方が多いため新人カメラマンの人ほど有利といえる賞です。

木村伊兵衛賞を取ると生活がガラリと変わる…と言われているため、頑張っている新人カメラマンにとって憧れの賞といえそうです。

今まで「木村伊兵衛写真賞」を受賞した人はどんな人がいるの?

木村伊兵衛賞の賞をもらったカメラマンは次のような天才たちがいます。

・蜷川実花
蜷川実花が使うカメラ・機材や写真集に映画作品からプロフィールまで知り尽くす
映画監督も務めた蜷川実花さんは幅広い世代に人気のある写真家です。 目を奪われるほどの華やかで色鮮やかな蜷川実花さんの作品は特に女性ファンが多くいます。
・川内倫子
川内倫子が使うカメラやプロフィールから作品・写真集まで知り尽くす
写真を撮るといっても色んな被写体があって、それは人物であったり動物であったり建物や風景だったり。 女性らしさと人の温かみ、そしてちょっとノスタルジックな味わいが魅力的な川内倫子さんの写真。
・新井卓
新井 卓が使用するタゲレオタイプのカメラからSNSや写真集にインタビュー記事まで知り尽くす
カメラいじりが好きな人なら専門雑誌で一度や二度その名前を耳にしたこともあるのが新井卓さん。 特殊な技法タゲレオタイプで撮影される数少ないカメラマンとして有名です。
・北井一夫
・岩井光昭
・今道子
・オノデラユキ

毎年1人もしくは2人が入賞している賞になるため、歴代のファイナリストを上げるともっともっと多くのカメラマンさんが受賞をしています。

今をときめく蜷川実花さんも実は「木村伊兵衛写真賞」の受賞者。

その他にも知っている人が続々、受賞されています。

こんなに有名人を輩出している「木村伊兵衛写真賞」かなりのツワモノですね。

最近の木村伊兵衛賞の傾向は?

ながい歴史がある木村伊兵衛賞。

これまでの受賞経歴をチェックしてみると次のようなことが分かります。

アサヒカメラ関係者が多い

先にもお話しましたが、アサヒカメラというのは朝日新聞が出版しているカメラ雑誌です。

現在も毎月20日に発刊されていて雑誌人気が陰りを見せるなか、地道に頑張っている写真誌になります。

木村伊兵衛賞の受賞者を見ると「昔ほどアサヒカメラ出身者が多い」ということに気づかされます。

木村伊兵衛賞は朝日新聞が運営をおこなっているため、昔ほど身内びいきがおこなわれていたのかもしれません。

女性カメラマンが多い

コレは最近の流れになっていますが、昔と比べて最近は「女性カメラマンの受賞者が多い」印象があります。

ちなみに2017年度の受賞者は2人とも女性。

その前の2016年度も女子カメラマンです。

カメラ界に大きな衝撃を与えている女性カメラマンの勢い。男性カメラマンもうかうかしていられない…状況なのかも。

それでもチャンスがあるのは紛れもない事実なので、撮った写真を応募してみるのも良いかもしれませんね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする