SSD最速書き込みはSAMSUNG 860EVO!価格の安さも魅力だがメリット・デメリットも参考に

スポンサーリンク

SSD最速サムネ

冒頭で言ってしまうと今月の「家電批評2019年3月号」を読んでいたら、SSD50台の検証結果が小さく載っていた記事のお話です。

以前の記事でデータのバックアップの安くておすすめのSSD・HDDを紹介していたのですが

SSD・HDDで写真をバックアップ!おすすめの2万円で安全快適なデジカメデータの保存方法
写真を撮るうえで欠かせないのが撮影したデータのバックアップ。 お金をかけたり知識があればクラウドサービスを利用するのも一つの手です。

なんと私の使っているSSDが50台のファイル転送テストの結果、最速だったようです。

そのSSDがこちら。

SAMSUNG 860 EVO 500GB

サムスン860EVO

SAMSUNG(サムスン) SSD 860 EVO MZ-76E500B/IT (ベーシックキット/SSD/2.5インチ/500GB/SATA) (MZ76E500BIT)

created by Rinker

サムスン 860 EVO 500GB

何か自分が使っているものの評価が高いと嬉しくなりますよね!

前の記事を読めば書いてはいるのですが参考に速度を。

SSD_500GBSSD_500GBSSD_500GBSSD_500GBSSD_500GBSSD_500GBSSD_500GBSSD_500GB

これだけでは分からん!と言う方のためにBUFFALO HDD 外付けハードディスク 4TB

の場合は、


話にならないくらいの速度差があります。

早いとは思っていましたが、SSDの中でもトップだとは思いませんでした。

公称の出されている数字は、最高値でWRITEが520MB/sでREADが550MB/s。

実際の数字はそれより劣るのですが、色々パソコンで起動させながら且つSSDにも結構データが入っているので、まぁそりゃあ下がるかなといった感じ。

で、数字だけなら「これ買えば間違いないやん!」てなわけですが、勿論そこにはメリットだけでなくデメリットも存在するので、そういった部分も引っ括めて購入される時の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

SAMSUNG 860 EVO 500GBのメリット

SSDイメージ

書き込み速度が最速

やはりここが何と言っても魅力の一つです!

数GBなら秒単位で終わってしまうほど一瞬でデータの書き込みが早いです。

データ転送って別に何をするでもない無駄な時間がなくなるのはストレスフリーで気持ちの良いものです。

作業をずっとしていると一定のリズムが生まれて、心地よく進んでいるときにデータの保存で時間を割かれるのはよくない気持ちになります。

割ける時間は割くのが効率がいいってもの。

コストパフォーマンスが良い!

金額面でも安くておすすめ!

アマゾン価格で¥8,980なので財布に優しい。

それに500GBなので、そこまですぐに容量いっぱいになってしまうほど少ないわけではないので、出先に持っていっても安心です。

SAMSUNG 860 EVO 500GBのデメリット

ではここからデメリットのお話。

今のところ都合のいい話だけをしてきましたが、デメリットも存在します。

そこまでコンパクトではない

SSD大きさ

ちょっと写真の撮り方が悪かったのでわかりにくいかもしれませんが、

縦:68mm 横:100mm

と小さいと言われれば小さいですが、他のSSDと比べるとそこまでコンパクトではありません。

手の中サイズ

Samsung SSD T5 500GBですと

縦:57mm 横:74mm

数字だけだと実感ないかもしれませんが手の平の乗せれる大きさと、手の中収まってしまうくらいの差があります。

SSDの魅力の中にコンパクトであるってことも重要なメリットなので、そこの部分に関してはデメリットかなと感じます。

スポンサーリンク

対応アダプターが付属していない

SSD差し込み

こちらのモデルはそもそも完全な外付け仕様ではないので、アダプターが付属しておらず、端子の部分が剥き出しになっています。

なので別途USBを繋ぐためのケースなどが必要になってきます。

SSDケース

Salcar 【USB3.0】 2.5インチ 9.5mm/7mm厚両対応 HDD/SSDケース

私の場合はこちらに装着して使ってますが、装着することによってさらに一回り大きくなるデメリットも負荷されてしまいます。

一応金額的には¥1,000ほどなので、まぁ許せる範囲。

SSD差し込み2

剥き出しの端子の部分を

SSDケース差し込み口

ケースの中に差し込みます。

中に端子が接する部分があるので、グッとしっかり押さえ込みます。

あとは蓋をしてケースの反対側からUSBを繋ぎます。

SSDケースUSB繋ぐ
こんな感じであとはもう一方をパソコンに繋げばOK!

「OKだけどOKじゃねーよ!スタリッシュさのカケラもないじゃないか!」

そんな声が聞こえてきそうですが、私もそう思います。

なのでスタリッシュさを求めるなら

先ほどの比較にもあげたSamsung SSD T5 500GBがいいかも。

こちらは完全な外付け仕様なので、この本体にそのままUSB Type-Cを取り付けることが出来ます。

でもお値段は倍に近い¥16,647

なかなか考えものでしょう?

コスパを取るならSAMSUNG 860 EVOという選択

メリット・デメリットを聞くとちょっと悩むかもしれませんが、私の場合はコスパ重視。

大きさに関してもなんとか許容内なので、書き込み速度の速さを考えると満足しています。

もし頻繁に外に持ち歩く気でいるなら考えようですが、まずはこの1台を持っておくのもアリではないかな、とオススメしておきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする