【Litra Torch2】リトラトーチ2が2月15日に発売!従来モデルとのスペックを比較

スポンサーリンク

リトラトーチサムネ

私もよく使うリトラトーチが発売から1年を待たずして「Litra Torch2」の販売がアナウンスされました。

Litra Pro(リトラプロ)が販売されているのは知っていましたので、人気なのはわかっていましたが、まさか早くも「2」が販売されるとは、、

ついこの間【Litra Torch レビュー】リトラトーチを6ヵ月使った感想。メリット・デメリットにストロボ代わりの意外な使い方も!って記事を書いたばかりで、今の従来モデルでも気に入ってたのにびっくりです。

【Litra Torch レビュー】リトラトーチを6ヵ月使った感想。メリット・デメリットにストロボ代わりの意外な使い方も!
Litra Torch(リトラトーチ)をご存知でしょうか? 小型LEDライトで耐水10mに最大800ルーメンの明るさが出せる、ポケットに入る優れものです。

もしまだLitra Torchを買っていない、持ってるけどもう1つ買おうか迷っている方にとっては朗報だと思いますので「Litra Torch2」と従来モデル「Litra Torch」のスペックの比較をしていきたいと思います!

Litra Torch2とLitra Torchのスペック比較

リトラトーチ2

仕様

Litra Torch2 Litra Torch
LED数 16個 8個
全光束 800ルーメン 800 ルーメン 
演色性 90 76 
色温度 5700  5700 
照射角 70°  80° 
充電方法 マイクロUSB  マイクロUSB
三脚ネジ穴 1/4 X2 ( 背面・底部) 1/4 X2 ( 背面・底部) 
本体寸法 38mm X 38mm X 42mm   38mm X 38mm X 42mm
本体重量 90g 90g

機能と動作時間

Litra Torch2 Litra Torch
1回プッシュ 100lm/4hr 100lm/4hr
2回プッシュ 450lm/70min 450lm/70min
3回プッシュ 800lm/35min 800lm/35min
4回プッシュ 2200lm/7時間 (点滅) 2200lm/7時間(点滅)

付属パーツ

・Litra Torch2(リトラトーチ2)

・カメラマウント

・ディフューザー

・マジックマウント

・ベルトクリップ

・GoPro 1/4 20フィンガーマウント

・USB充電ケーブル

LED数・演色性・照射角が変更

数字を見た限り大きく変わっていないようにも思えますが、気になるのは「LED数字」「演色性」「照射角」

LED数は従来モデルの8個に対して16個と倍!

その数の恩恵を受けているのが「演色性」だと思われます。

「演色性」は照明がものを照らした時に自然光が当たった時の色をどの程度再現しているかの基準で数字が「100」で自然光が当たっている時と同様の色の状態を表しています。

なので従来のものが「76」に対して「90」なので、かなり性能がアップしています。

ストロボの光もそうですが、「ザ・人口の光」って感じになってしまうと作った感が出すぎてよくないですよね。

それが自然光により近くなっているのはなんとも魅力的!

「照射角」に関しては好きずきもあるかもしれませんが、ディフューザーで光を拡散する方が小さく光を当てるより簡単なので、光の調整の幅が広がったとみるべきでしょうか。

他の主要なところは変更なさそうに思いますが、細かな特徴にも変更点があります。

スポンサーリンク

防水が10mから20mへ

元々から防水10mの機能が備わっているので、水の中に入れても使用できるのは知っていましたが、それが10mから20mになったのでより安心できるスペックになったのは嬉しいところ。

YOUTUBEの動画のようにアクションカメラと一緒に使う方も多いため、このあたりのスペックを高めるのが求められていたのでしょう。

それ以外でも水辺からの光の演出などに使われているカメラマンの方も度々みるので、私も一度試してみたいところ。

インテリジェント熱管理機能

個人的にはこれが一番追加されてありがたい機能!

前回の記事でも書きましたが「Litra Torch」の異常なほどの熱の持ちようが最大のネックでした。

長時間使用したあとに知らずに触ったら火傷するんじゃないかってくらいに熱かったので、やはりここは問題点とされていたのかも。

*Litra Torch2は高性能で強力なLEDライトです。Litra Torch2はすべてのライト同様、一定レベルの熱を生成します。Level3で長時間使用時は高温度になりますので注意して取り扱ってください。

出典:Image VISION

公式サイトでは依然注意書きが記されていますので、マックス発光時にはかなりの熱を持つようですが、それでも「熱管理機能」が追加されていますので従来モデルよりはマシになっているはず。

「最大のネック」が全て解決しているわけではないですが、それでも追加機能がある分、前作の「Litra Torch」よりもさらにおすすめアイテムなのは間違いなしです。

Litra Torch2 買う、買わない?

リトラトーチ2宣材写真

リトラ Litra Torch2(リトラトーチ2)

created by Rinker
¥13,139 (2019/11/20 18:32:27時点 楽天市場調べ-詳細)

私は今の従来モデルを持っているので「Litra Torch2」を買うかどうかは未定。

正直もう1つ買うだけの余裕がないだけなので、本当はあったらいいに越したことはない。

ただ、まだ持っていなくて買おうか迷っていた方なら、今このタイミングかもしれませんね!

だってこんな早く「Litra Torch2」が出るだなんて思わず買ってしまった方も多くいるはずですから。

新しい「Litra Torch2」を買ってライバルに差をつけてください(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする