レタッチにLuminar4がカンタンで便利すぎる!トライアル試してみてはいかが?

カメラバックをおしゃれに全振り!バックインバックを使ったおすすめの収納法

カメラバックおしゃれに全振り

スポンサーリンク

カメラバックおしゃれに全振り

街歩きのバックパックにまで三脚を装着する機能いるのか?

そんな疑問からカメラバックは、そのシーンによってさすがに使い分ける必要があるのではないかという答えに最近行き着きました。

 

なんでそんなことを考えたかと言うと、どこに行くにも撮影するフル装備が入れられるバックパックはいいが、その場合はザ・カメラバックって感じなるかと思います。

 

以前に書いた記事でもその事に触れてはいるのですが

おしゃれに一眼レフカメラを持って出かけるならばこの方法がおすすめ!

その時はなるべくフル装備が入るバックパックで、かつおしゃれなものをセレクトしていました。

 

実際に今もこのスタンスをとっていて「よーし!撮りに行くぞ」って時には良いのですが、街歩きのついでに「カメラも持って行きたいな」って時にはちょっとデカイんですよね。

 

そんなわけで三脚は持ち歩かずにカメラだけ入れられ尚且つかっこいいカバンってないかなーってずっと探していたのですが、とうとう出会ってしまいました。

 

そして、このカバンの形状・デザインを崩さずかつカメラを入れられるかを考えた結果「いけるはず!」との答えを導き出したのでおすすめしたいと思います!

私がおしゃれに全振りしたいバック「RAINS」

rainsバック

「Backpack Blue O.S」

RAINSはデンマークのレインウェアブランドで2012年の設立。

スタイリッシュで機能的なレインウェアで雨の日にもファッショナブルかつユニークなレインウェア

 

LOFTで見つけたんですが、見た目の格好よさと質感にヤラレました。

 

レインズ背面

背負うひもの感じも細身でいい感じでスタイリッシュ。

レインズ中

少し見にくいですが、中の仕切りの中にノートパソコンを入れることも可能です。

 

このバック個人的な好みとしては、ものすごくドンピシャです!

 

ただ勢いで買ってしまいたかったのですが、普段の私はカメラさえ持ち歩かなければ、手ぶらでの行動が大半なので、ここにカメラが入らなければ用をなさなくなってしまうので一旦保留。

 

また他の問題として入ったとしても、このまま直で入れるにはカメラが心配です。

ただ先にもお話したように今回はあくまで街歩きようなので、カメラとあとはレンズを一本、またはストロボが一つ入ればOKじゃないかと考えました。

 

と言うことはカバンの中に入れるものを洗い出しすると、カメラとレンズorストロボ、予備バッテリー、モバイルバッテリー、ケーブル類、入るならノートパソコンといった具合です。

 

「ETSUMI クッションボックス」
今のカバンの中にはカメラのインナーバックを使用していますが、これを使ってしまうと蓋を閉じて、さらに上にものを載せる事になってしまうので、取り出すのがめんどくさいなってしまいます。

 

そのためカバンを開けたら、先ほど述べたアイテムがサッと取り出せるのがベスト。

 

「そんなうまい話があるかい」と思っていたのですが、探してみればあるものですね。

 

そう、これを使えば解決するじゃないですか!

 

スポンサーリンク

カバンを開けばスッと取り出せるバックインバック

そう!このタイプのバックインバックがRAINSのカバンの中に収まり、かつ一番デカイスペースにカメラを収める事ができれば万事解決できるではないか!

 

本来はカメラを入れる用途ではないのですがこれなら整理でき、作りもまずまずなら保護の役割も果たします。

 

なのでまずはRAINSのカバンの内寸は
・幅31cm ・高さ51cm ・奥行き10cm

 

高さはあまり関係ないので重要なのは幅と奥行き。

 

そして私が持っているカメラはと言うと


「SONY α7Ⅱ」とミラーレスなのでそこまで大きくなく高さが9cmの横が12,5cm。

横幅は31cmに対して十分12,5cmなので余裕で入るので、さらに横にレンズも入ります。

 

ただカメラとレンズが干渉するのはよくないので、仕切りがあればなお良し。

 

問題は縦が9cmでRAINSのカバンの奥行きが10cmなので、10cm以内のバックインバックで一番大きなスペースに仕切りがあればベスト。

 

後のスペースに細かいアイテムを入れることは可能でしょう。

 

この条件で見つけだしたのがこの子達です。

バックインバック フェルト S

 

「バッグインバッグ リュック フェルト S」

こちらのサイズは幅20cm高さ27cm奥行10cmと申し分ないちょうどのサイズ!

バックインバック

中も仕切られているし、作りも割としっかりとしてそうなので、ほぼこれでいいのではないでしょうか!

バッグインバッグ リュック 15ポケット S

「バッグインバッグ リュック 15ポケット S」

こちらはサイズが幅20cm高さ27cm奥行き12cmと奥行きが少し足が出ているものの、ナイロン製で12cmは底板装着した時の幅なので、外しておけばナイロンなのでサイズを抑える事が可能なはずです。

 

中も仕切りがあったので問題なし。

 

いかがでしょう。

 

こいつを使えばもう普段使いナックにカメラを入れて、おしゃれに全振りしてもいけるのではないでしょうか!

 

私が欲しているRAINSのカバンがスタイリッシュで厚みがないので、ここまでギリギリの選択を迫られてしまいましたが、他みなさんが良いなと思っているバックをバックインバックを使ってカメラバック仕様にするのは比較的簡単ではないかと思います。

 

おしゃれを満喫しながらカメラも忍ばせる。

欲張りなこの方法、おすすめです。