防水・耐衝撃デジカメの選び方と5万円以内で買える安くておすすめ機種7選!

スポンサーリンク

おすすめ防水カメラサムネ

海や山などアウトドアで綺麗な写真が撮りたいという方も多いですよね。

でも「どんなデジカメを選べばいいのか?」正直わからない方もいるのではないでしょうか?

そんな方のために今回は、防水・耐衝撃デジカメの選び方と、初心者にも使いやすい5万円以内で買える安くておすすめ7選を紹介します!

防水・耐衝撃デジカメの選び方

防水カメラ

まずはデジカメにおける防水と耐衝撃性について紹介していきます。

防水カメラとは水中での撮影が可能なカメラのことです。

防水カメラは明るいレンズと高感度センサーが搭載されており、光の少ない水中でも綺麗な写真を撮影することが出来ます。

明るいレンズとはF値が小さいレンズのことで、F値が小さいほど多くの光を取り入れることが出来ます。

また防水性能も様々でダイビングなどの撮影に使う本格的な防水カメラから、プール使い用などの防水カメラもあります。

カメラの防水性の確認方法

では、カメラの防水性はどうしたらわかるのでしょうか。

カメラには防水性・防塵性を表す記号があります。

それがIngress Protection(侵入に対する保護)を略した「IP」表示です。

カメラには「IP△◯」と表示されています。

の部分には防塵性、の部分には防水性を表す数値が入ります。

等級 防塵性
IP0 保護なし
IP1 手の接近から保護(直径50cm以上の固形物体が内部に侵入しない)
IP2 指の接近から保護(直径12cm以上の固形物体が内部に侵入しない)
IP3 工具の先端から保護(直径2.5mm以上の固形物体が内部に侵入しない)
IP4 ワイヤーなどか保護(直径1.0mm以上の固形物体が内部に侵入しない)
IP5 粉塵からの保護(機器の動作が損なわれない程度に粉塵の侵入を防ぐ)
IP6 完全な防塵構造(粉塵の完全に侵入しない)

防塵性は0〜6の6段階あり、数字が高いほど防塵性が高いです。

等級 防水性
IP0 保護なし
IP△1 垂直に落ちてくる水滴から保護する
IP△2 垂直より左右15°以内からの降雨から保護する
IP△3 垂直より左右60°以内からの降雨から保護する
IP△4 いかなる方向からの水の飛沫から保護する
IP△5 いかなる方向からの噴流から保護する
IP△6 いかなる方向からの水の強い直接噴流から保護する
IP△7 規程の圧力・時間で水中に進水しても保護する
IP△8 水中での使用中も保護する

防水性は0〜8までの8段階あり、こちらも数字が高いほど防水性が高くなります。

もう1つ、カメラの防水性を測るものとして防水深度があります。

防水深度とは、カメラが何mの深さの水圧まで耐えられるかを表したものです。防水深度が高いほど、防水性に優れていると言えます。

次に耐衝撃とは、カメラを落とした時にどの程度の衝撃まで耐えられるかを表したものです。具体的には「何mの高さからまで落としても大丈夫か」で表します。

うっかり落とした時のためにも耐衝撃が高いと安心です。

防水・耐衝撃デジカメの選び方はカメラの選び方としては、カメラの使用目的によって決めると良いです。

ダイビングやシュノーケリングなどの深い水中の撮影がしたいなら高性能の防水機能を持ったカメラを買いましょう。

逆に、プール使いなどの撮影ならばそこまで高性能でない防水カメラで良いです。

水中だけでなく、アウトドアで山の中などで撮影するという方は耐衝撃性が高いカメラを買いましょう。

うっかり落としたり、ぶつけたりした時にも耐衝撃性が高いと安心です。

スポンサーリンク

5万以内のおすすめ防水・耐衝撃デジカメ7選

それでは防水・耐衝撃を搭載したデジカメの選び方がわかったところで、安くておすすめの5万円以内で買えるデジカメをご紹介していきます!

Nikon COOLPIX W100 

NIKON デジタルカメラ COOLPIX W100
有効画素 1317画素
ズーム倍率(光学) 3倍
ズーム倍率(デジタル) 4倍
焦点距離(広角) 30mm
焦点距離(望遠) 90mm
F値(広角) 3.3
F値(望遠) 5.9
シャッター速度 1/2000秒
ISO感度 125〜1600
防水性 IPX8
防水深度 10m
耐衝撃 1.8m

Nikon COOLPIX W100は子供向けの防水カメラです。

その特徴は何と言っても圧倒的なコストパフォーマンスと子供向けの性能です。

通常の防水カメラは3〜4万円代ですがCOOLPIX W100は破格の12000円台です。

さらに、可愛いキャラクターやスタンプが充実していて使い方もシンプル。子供の遊び用にぴったりのデジカメです。

逆に本格的にダイビング等で撮影をするには、防水性・画質のスペックが足りないので本格的な水中での撮影を目的としたカメラではなく、遊び用のカメラとしての色が強いです。

カラーはブルー・ピンク・マリンとあり、お子様や遊び用に使うには楽しい色合いがラインナップされています。

OLYMPUS Tough TG-5

OLYMPUS デジタルカメラ OLYMPUS Tough TG-5-BLK [ブラック]
有効画素数 1200画素
ズーム倍率(光学) 4倍
ズーム倍率(デジタル) 4倍
焦点距離(広角) 25mm
焦点距離(望遠) 100mm
F値(広角) 2.0
F値(望遠)  4.9
シャッター速度 1/2000秒
ISO感度 125〜12800
防水性 IPX8
防水深度 15m
耐衝撃 2.1m

OLYMPAS Tough TG-5はアウトドア向けのデジカメです。

Tough TG-5の特徴としては明るいレンズを生かした高画質とフィールドセンサーシステムです。

Tough TG-5はF値2.0と多く光を取り込む事が出来て、明かりの少ない水中でも高画質の撮影が可能になっています。

さらにカメラ内に、GPSセンサー、温度計、気圧センサー、コンパスのフィールドセンサーを内蔵していて、撮影時のあらゆるデータを保存することが出来ます。

フィールドセンサーシステムにより、撮影時の臨場感をリアルに感じる事が出来ます。

Nikon COOLPIX W300 GR

COOLPIX W300 GR Nikon ニコン コンパクトデジタルカメラ クールピクス W300GR

created by Rinker
¥33,910 (2019/11/15 08:10:34時点 楽天市場調べ-詳細)
有効画素数 1605画素
ズーム倍率(光学) 5倍
ズーム倍率(デジタル) 4倍
焦点距離(広角) 24mm
焦点距離(望遠) 120mm
F値(広角) 2.8
F値(望遠)  4.9
シャッター速度 1/4000秒
ISO感度 125〜6400
防水性 IP68
防水深度 30m
耐衝撃 2.4m

Nikon COOLPIX W300 GRは圧倒的なアウトドア向けカメラです。

深度30mまで耐えることができる防水性で、防水カメラの中でも特に高い防水性を誇っています。ダイビングやシュノーケリングの撮影にも対応可能です。

さらに2.4mの落下試験にも耐える耐衝撃性があり、厳しい環境下の撮影でも安心して使用することができます。

その他にも、防塵性も高く、−10度の寒冷地でも使用可能です。防水性、耐衝撃性、防塵性の3つで高い性能を誇るはNikon COOLPIX W300 GRはアウトドアの厳しい環境下で撮影をする方にはとてもおすすめのカメラです。

スポンサーリンク

FUJIFILM FinePix XP140

フジフイルム FinePix XP140

created by Rinker
¥26,944 (2019/11/15 09:38:37時点 楽天市場調べ-詳細)
有効画素数 1635画素
ズーム倍率(光学) 5倍
ズーム倍率(デジタル) 10倍
焦点距離(広角) 5mm
焦点距離(望遠) 25mm
F値(広角) 3.9
F値(望遠)  4.9
シャッター速度 1/2000秒
ISO感度 125〜12800
防水性 IP68
防水深度 25m
耐衝撃 1.8m

FUJIFILM FinePix XP140FUJIFILM FinePix XP130の後継機として発売された小型軽量のデジカメです。

独自の画像処理エンジンを備えており、人間の瞳に自動でピントを合わせる瞳AF機能や、顔が正面を向いた瞬間を撮影する「フェイスシャッター」機能、笑顔の瞬間を撮影する「スマイルシャッター」など豊富なシャッター機能を備えています。

さらに滑りにくいグリップや電池蓋のダブルロック機構があり、アウトドアでの決定的な瞬間を撮影するのにおすすめのデジカメです。

RICOH WG-50

リコー RICOH WG-50

created by Rinker
¥24,480 (2019/11/15 09:38:37時点 楽天市場調べ-詳細)
有効画素数 1600画素
ズーム倍率(光学) 5倍
ズーム倍率(デジタル) 7.2倍
焦点距離(広角) 28mm
焦点距離(望遠) 140mm
F値(広角) 3.5
F値(望遠)  5.5
シャッター速度 1/2000秒
ISO感度 125〜6400
防水性 IP68
防水深度 15m
耐衝撃 1.6m

RICOH WG-50は全天候に対応可能のデジカメです。

水深14mで連続2時間の使用や最大で100kgの重さに耐えることが出来ます。

さらに豊富なアシスト機能が搭載されており、写真初心者の方でも安心して使用することができます。

例えば、水中では光の減衰が早くなるため写真が青色がかってしまいますが「マーメードモード」を使うことで簡単に青色かぶりを抑えることが出来ます。

RICOH WG-50は難しい設定をしなくても様々なアシスト機能が使えるので、アウトドア使いで写真初心者の方にはおすすめです。

6 Panasonic LUMIX DC-FT7

Panasonic LUMIX DC-FT7

created by Rinker
有効画素数 2040画素
ズーム倍率(光学) 4.6倍
ズーム倍率(デジタル) 9.1倍
焦点距離(広角) 28mm
焦点距離(望遠) 128mm
F値(広角) 3.3
F値(望遠)  5.9
シャッター速度 1/16000秒
ISO感度 80〜6400
防水性 IPX8
防水深度 31m
耐衝撃 2m

性能:IPX8  防水深度:31m  耐衝撃:2m

Panasonic LUMIX DC-FT7の特徴は高い堅牢性です。防水深度は驚きの31mを誇っています。

補助品なしの本体のみで31mまで耐えられるデジカメはあまり存在しません。

耐衝撃も2mと高性能なデジカメです。

さらに、ルミックス FT7には防水カメラとしては珍しくファインダーが搭載されていて、液晶画面が見づらい晴天の日や、雪山でもしっかりとピントを合わせて撮影することが出来ます。

厳しい環境下のアウトドアで綺麗な写真が撮りたいという方におすすめのデジカメです。

Canon Power Shot D30

Canon デジタルカメラ Power Shot D30 光学5倍ズーム PSD30
有効画素数 1240画素
ズーム倍率(光学) 5倍
ズーム倍率(デジタル) 4倍
焦点距離(広角) 28mm
焦点距離(望遠) 140mm
F値(広角) 3.9
F値(望遠)  4.8
シャッター速度 1/1600秒
ISO感度 100〜3200
防水性 IP68
防水深度 25m
耐衝撃 2m

Canon Power Shot D30は基本性能が高く、防水性も耐衝撃も優れたアウトドア向けのデジカメになっています。

カメラが自動で被写体に合わせて設定を変更してくれるので、初心者でも簡単に綺麗な写真を取ることが出来ます。

さらに付属ソフトの「Map Utility」を使えば撮影ポイントの地図表示が可能です。

自分の撮影した写真の場所が分かるようになっているので、色々な場所で写真を撮影する方におすすめのカメラです。

防水・耐衝撃デジカメには様々な種類があります。

種類が多すぎて迷うこともあるかもしれません。

ですが1番大事なのはダイビング、プール、アウトドアなど自分の写真を撮影したいシチュエーションに合わせた最適な性能のデジカメを選ぶこと。

海や山で普段撮れない最高の写真を撮影してカメラライフをエンジョイしてみてはどうでしょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする